グレーテスト・ショーマン

宣伝も力入れていて、最近では話題の一本。

 

歌は良いですし、話もテンポが良いですね。

物事を始めるのは、やろうと思う力。やれば次が見えてくるし新たな展開も来る。バンドやってると強くそう思うよ。ライブとかやってナンボだよね。バンドも参進化するし、新しい繋がりもできる。

 

f:id:morlyblog:20180304193835j:image

スリー・ビルボード

評判が良かったので急遽見に行くことに。

 

主人公の女性は核がしっかりしているが、強い訳ではない。犯人に対してこだわる一面やはり帰らないものは、虚しい。

 

f:id:morlyblog:20180304193224j:image

祈りの幕が下りる時

良かったです。

今回は謎解きもそしてその裏にある感情も見応えがありました。

 

f:id:morlyblog:20180304192442j:image

 

麒麟の翼

祈りの幕が下りる時を見る前に、前作を見ておきたくてprime で見ました。

 

殺人自体は、深くなく突発的に起こった事件が題材なので、謎解き的な楽しみは低かったが、コンプライアンスの重要性を痛感した。(会社の研修か!)

スターウォーズ 最後のジェダイ

iMAX 3Dで見ました。迫力があり3Dも良い感じでした。

 

今回のために、1〜7とスピンオフのローグワンを見ました。最近のテレビは本当に便利で、各レンタルのアプリが入っていて、wifi 経由で簡単に高画質でレンタル出来ます。私はAmazon ビデオで見ました。

 

スターウォーズは本気で見たことがなく、前作の内容がわからないままその時公開のを見たりしてました。3世代に渡る壮大なドラマがですね。流石に一気に見ると頭がスターウォーズだらけになります。夢に出ます。

 

3部作の2作目って、ここで終わっちゃうのー?て感じになる事が多いけど、本作は気持ち良く終われました。次作が楽しみです。

 

その影響かわかりませんが、最近ギタープレーに覚醒して来ました。フォースを使います。

 

f:id:morlyblog:20180108211346j:image

エフェクターに関するブログについて

エフェクターに凝っています。また、エフェクターを紹介するブログは好きで良く読んで参考にしてます。だから自分でもブログを書こうと思うのだがイマイチ上手くいかない。

 

その理由として考えられる事は、

 

1.結局自分で弾いて買う物

今はYouTube でサンプル音源があがってる場合が多いのでかなり参考にはなりますが、それでも自分で実際弾いて見ないと判断出来ない。更に私の貧弱な表現での情報は役に立つレベルではない。

 

2.エフェクターの評価は変動する

その時の自分のプレースタイルでの評価でしか無いから、ギターの腕が上がったり、バンドでのニーズが変化すると、それに影響されて評価も変化します。また、読み手側もその時での受取りとなり、価値観の共有は困難。

 

3.紹介するエフェクターがマニアック過ぎる

マニアなので、一般での入手が困難な物も多い。なので興味を持っても試奏出来ないし、リスクを負って試奏なしで買おうと思ってもなかなか物が見つからない。よって読んでる方のストレスを溜めるだけとなる。

 

という事で、私のエフェクターブログは自慢という事になります。自分としてはこんな良いと思う物を手に入れました良いでしょー

という感じです。

 

宜しくお願います。

ブレードランナー

1982年の作品だそうだ。2049を見てもう一回この作品を見たくなった。既に世界観は確立されているが、他のアクション的な要素も強く、自分には2049の方がより狙いが定まっている感じがした。

それにしてもハリソンフォードは良い男だな。