7/28 ライブ終了

7/28 Moon in the pond 渋谷Club Asiaでのライブ終了しました。台風の中会場まで来てくれた方、来れなかったけど応援してくれていた方、ありがとうございました。心配された台風も我々の前後は雨が降る弱まり、濡れずに渋谷駅からの移動ができた様で良かったです。

 

Moon in the pond としては初の大きいハコでのライブ。というか、下北沢Breath 以外でのライブは初めてでした。Breath には感謝です。

 

今回のライブに向けて、我々としては珍しく計画的に準備をしてきました。

・この日にプロモーション用の音源を渡したい。という事でレコーディングマラソン開始。キヲクとTon-nel の二曲をレコーディングしました。

・一曲目を飾る、キャッチで疾走感のある曲が欲しかった。Over the light を作りその前のライブで初演を実施

・興味持ってくれた人へのプロモーションの場としてWeb siteを作成。(ボーカルのゆきちゃんが全てやってくれてる)

・Asia 用映像やチラシ等々の準備

 

そしてライブは、すげ〜楽しかったのです。

演奏は荒削りです。

個人の技量もまだまだかと思います。

でもなんだろうこの開放感は。

結構うちら大きなハコ合ってるかもー

 

と、本人達が楽しんだので、その影響からか見てくれた方々からもポジティブな感想を沢山頂きました。

 

ありがとう。

例によってメンバーで撮った写真はありません。

 

f:id:morlyblog:20180730200538j:image
f:id:morlyblog:20180730200532p:image

映画レビュー アリー、シュガーラッシュ、こんな時間にバナナかよ

『アリー スター誕生』

ガガの才能を見せつけられる映画です。

前評判はストーリーが浅いとか言われてましたが、バンド物に弱い俺は楽しめました。ミュージシャンは職業柄自然と感性が高いので不器用な生き方しか出来ない。大観衆の前での歌よりも、駐車場で1人の前で歌った歌が胸をうった。

 

『シュガー ラッシュ オンライン』

オンラインを良い感じで描いてます。内容は友情であったり思いやりであったりと普遍的なものですが、設定が現在でカワイイ。また数年経ったらあの時はこんな感じだったねーとなりそう。ゲームキャラって良いなー

 

『こんな時間にバナナかよ!』

毎日が勝負で、ポジティブな思考を続ける力は凄い。目的に向かっている過程で得られる時間そのものが宝物だね。

楽しい一年にしたいね。

 

f:id:morlyblog:20190106232206j:imagef:id:morlyblog:20190106232218j:imagef:id:morlyblog:20190106232241j:image

 

 

Mia & Sebastian 's theme

今日はクリスマスイブなんですね。

ケーキ屋さんに行列が出来ていて驚きました。

皆んなイブにケーキを食べることとクリスマスをイベントとしてとらえているんだなー。

自分にとっては普通の休日です。

 

突然ですがパラレルワールドについて考えた事ありますか? 今進んでいる現実と平行して、もしこっちに進んでいたらの世界です。

判りやすいのは男女関係。もしあの時別れずに続いていたら・・・、そういう世界は誰でも持っている事でしょう。

 

La La Landでも最後そのパラレルワールドが流れます。彼等が出逢うキッカケとなった『Mia & Sebastian 's theme』が流れる中で。2人はお互いの人生を応援し合い、愛し合いました。でもお互いの夢が叶った時2人は一緒ではありませんでした。

 

現実よりもそちらの方が良かったか?と言うとそう言う問題ではない気がします。お互いの事を想い、愛情を交わした時間は確実にあって、それが大切なんでしょう。その後の分岐点も本人たちが選んだ結果ですから。

 

男女関係以外でも、想いを感じ合う時間は貴重です。今一緒に居る人との時間を感じないと、本当に後悔する事になると思います。スマホなんかいじってる場合では無いですよね。

 

昨日23日、昨年に引き続き森マキのクリスマスパーティーにOAで参加させてもらいました。その話はまたいつかしますが、転換時ギターを弾いて欲しいと前日に依頼され、流石に断ったのですが、BGM的な扱いでという事で演りました。人前で弾くのだから当然録画一発録りも出来ないとという事で、前日に撮りました。

 

あなたのパラレルワールドを考えながら聴いて貰えると嬉しいです。

 

https://youtu.be/5jwN1P0q9no

 

 

修造

昨日会社で、ある業者さんに取組んでもらってるけどなかなか結果が出ない案件があって、アプローチ変えさせてほしいと言ってきた。

今まで粘り強くやって来たし、今の状況でエンドレスに感じるかもしれないが、もしかしたらゴールは直ぐそこかも知れない。もう少し続けて見ませんかと説得。

何とか気持ちを切り替えて頑張ってもらう事に。今手を引かれるとこっちは困るしね。説得しながら朝見たカレンダーを思い出していた。
ありがとう修造😊

f:id:morlyblog:20181123100353j:image

『Search』

スマホを落とした〜』と同様に、現代ならではの映画。見せ方はどうであれストーリーが面白くなければなりたたない。この映画はまあその辺の伏線はちゃんとしてたと思います。

 

見せ方の部分でも、マウスの動きでその人の迷いや焦りが表現されてます。

 

トータル良い映画だと思います。

 

f:id:morlyblog:20181119204945j:image

『スマホを落としただけなのに』

スマホという今皆んなが使っている道具を題材にしてるので、各自自分なりの想像をすることが出来る。自分が他人に自分のスマホを見られたらどうだろう?そう思っただけで怖い題材です。それだけ自分の内面をスマホは見てるし、逆に本人すら意識してない事も解ってしまうかもしれない。検索ワード、よく見ているサイト、SNSでのコメントやいいねの傾向。住みづらい世の中になったものです。

 

ですから映画のストーリーも、そう言った一般人の(別に法を犯すような罪はしていない)罪深さに切り込んで欲しかった。誰でも持っている悪、変態性、矛盾を他人に暴かれていく。そういうストーリーだったらもっと皆んなが身近に感じる恐怖になる。という事でオススメはしませんが、北川景子さんは綺麗です。

 

f:id:morlyblog:20181119203806j:image

『人魚の眠る家』

最近は展開の早い映画に慣れてしまったので、ゆっくり進む展開に思えた。

ストーリーは、オカルト的にならず、また生き返って軽いハッピーエンドにもならず流石だと思った。最後はすこし泣きました。

 

脳死の概念や、親としての思いをボディブロー的にゆっくりとした展開で伝えてくる。

 

f:id:morlyblog:20181117194132j:image